魅力と魔力

私は、マラン#7というプリアンプが大好きです。
自作はもちろんのこと、過去50年、一体何台のプリアンプを手にしてきたか
わかりません。ノイマンの改造品に始まり、一般メーカーのものに魅せられては
ちょっかいを出してきました。そのたびに、使っている#7を売っては足しにして新しい
プリアンプを買うというありさま。高額で目が回るほどのローンで苦しんだときも
ありました(笑)それほどまでにプリアンプをとっかえひっかえしましたね。
そんなバカ野郎な私なんですが、必ず#7の音が聴きたくなって買い戻して・・。
アホ極まる、みたいなことを過去4回くらいしたと思います。
最初からわき目もふれずに#7を使っとけよ!っていう話ですよね(笑)

あと20年オーディオを楽しみむつもりですが、この先もずーっと、プリアンプは
マラン#7を使って一緒に暮らしていくと思います。いやいや暮らします。ですね。

オールグリーンは過去3セット手にしました。
良かったです。
手放してからはとんと見かけません。

いまは復刻の#7に手をかけてチューンアップ。かなりグレードの高いサウンドにして
個人的には楽しんでいます。
過去すべての人気シリアルナンバーを楽しんできましたが、元来手を入れるのが好きな
人間なので改造はしませんが、コンデンサーを好きな物にしたりして楽しんでいます。
比較的、新しいのでロータリースイッチなどはまだ硬めですが、そろそろ馴染んでくる
頃だと思います#7はホントプリアンプの最高傑作だと思います。

個人的には、復刻の#7をもう少し入手しておきたい気分です。

復刻品も、、、。
いやいや、手を入れたらなかなかの物です。
ビンテージなオリジナルという言葉に釣られて復刻を手放す人がいましたら・・。
ぜひ、お譲りください。(^^;

もう浮気はしないです。いつも離れた後に恋しくて恋しくて買い戻したあのバカな時代は
良い教訓となっていますよ(笑)

写真はオールグリーンで遊んでいた時の物。
これが、25年も前から手元に3台もあったんですからクレージーですよね。

貧乏人には考えられない時代でした(笑)

魅力と魔力に取りつかれた#7の大ファン者です(笑)