特注真空管アンプ制作記2020.5

皆さん、お元気でしょうか??コロナ感染症で世界的に大変な事態になっていますね。どうか、手洗い、うがいを小まめにして予報してくださいね。
私は、知り合いにアンプ制作を多々頼まれてここ一年何台作ったかわかりませんです。
扱ったことのない高価な球アンプばかりでしたので神経がすり減りました。
シーメンスのDaという真空管はご存じですか??ベースに黄色いロットが書かれたペーパーが巻かれていて綺麗な球です。
今回は、このアンプの制作に半年かかりました。試験的に試作品を何回か作りまして、音の調整と回路がはっきりした段階で組み立てたのですが、、。一筋縄で行きませんでした。本チャンのシャーシーはアルマイトメッキ処理がされています。とても高級感のあるシャーシなのですが・・。このアルマイトに終始悩まされました。結果、なんどもやりなおし・・。トランス、コンデンサさーすべての取付ねじのところのコートを鑢で完璧に剥がすことになろうとは・・。思いませんでした。過去、この手のシャーシを多々使ってきていたので、こんなことはなかったのですが・・。まぁ~大変でした。そして、完成したときに再生されるサウンドはめちゃくちゃ鳥肌ものでした。
とても、思い出深いアンプとなりました。
マランツの#7のグリーン仕様の素晴らしいアンプが入ってきました。グレードをあげてお譲りしますよ。素晴らしいアンプです。メンテナンスを始めています。
ではでは・・。お問い合わせはメールでお願いします。